プレスリリース/ニュース

News

大阪城公園で第12回「おそうじキャラバン in 大阪」を開催

161122_1_1

株式会社ナチュラリープラス(本社:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35階、代表取締役社長:名越 隆昭)は、2017年4月15日(土)「おそうじキャラバン in 大阪」を大阪市・大阪城公園で開催し、関西を中心とした会員の皆さまとそのご家族、弊社社員、総勢198名の方にご参加いただきました。

「おそうじキャラバン」は、「地球に笑顔 ナチュラリープラス」をスローガンとしたナチュラリープラスのコミュニティ活動の一環で、会員の皆さまとナチュラリープラス社員が協力して取り組む清掃活動です。2008年から始まったこの活動は、今回の開催分を含め参加人数のべ3,073名にのぼります。

170426_1_1

会場となった大阪城公園は、大阪城天守閣を中心に位置する100 ヘクタール以上の広大な敷地を誇る公園。大手門や千貫櫓など数々の重要文化財を擁する一方、緑あふれる森やスポーツや音楽を楽しむ施設も充実した、市民の憩いの場として親しまれています。また大阪サロンからも近く、関西圏の会員の方たちにとってもなじみ深い場所です。当日は汗ばむほどの暖かさの中、小さなお子さま連れのご家族から、ご年配の方々と幅広い世代の会員の方が集まり、教育塔を中心におそうじがスタートしました。

大阪城公園の桜も見頃で、弁当箱や空き缶、ペットボトルをはじめ、植え込みや人が行き交う場所も目を凝らすとたばこの吸い殻や細かいごみなど、ポイ捨てされたさまざまなごみが出てきます。参加された皆さまが協力し合い、約2時間で90Lのごみ袋、21袋分ものごみを集めました。

ごみを分別した後は皆さん掃除をした清々しい笑顔で記念撮影をし、12回目となる「おそうじキャラバン in 大阪」は終了しました。その後おそうじの労をねぎらうかのように舞う桜吹雪の中、達成感とともに味わうお弁当はまた格別のものとなりました。今後もナチュラリープラスは、「地球に笑顔 ナチュラリープラス」をスローガンに、笑顔あふれる社会の実現に取り組んでまいります。

【おそうじキャラバンに参加された方々のお声】
お花見の時季ということもあり、屋台で買った料理の串やお弁当ごみの放置、空き缶などが目立ちました。もしかしたら、自分も同じことをしていたかもしれないと、わが身を振り返るいい機会に。みんなで力を合わせて公園をきれいにしながら見た桜は、いつもの桜よりずっときれいに感じられました。(40代男性)

上を見ても下を見てもピンク色。なんだか楽しい気分でおそうじができた一日でした。私たちの姿を見て、誰かの心がほっこり明るくなっていたら、うれしいです。(50代女性)

【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
株式会社ナチュラリープラス ブランディング室
東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35階
Eメール: info@naturally-plus.co.jp