プレスリリース/ニュース

News

ナチュラリープラス こども基金 認定NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」主催のサマーキャンプ支援のご報告

160908_1_1

サマーキャンプ2016『がんばれ共和国 おいでんほうらい』を支援いたしました

株式会社ナチュラリープラスは(本社:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35階、代表取締役社長:名越 隆昭)は、2016年8月19日(金)~21日(日)、愛知県新城市で開催された認定NPO法人「難病のこども支援全国ネットワーク」(以下、難病ネットワーク)主催のサマーキャンプ2016『がんばれ共和国 おいでんほうらい』を支援いたしました。

主催団体の「難病ネットワーク」では、まだ原因が分からない、治療法が確立されていないといった700種類を超える難病と向き合い、こうした難病と闘っている全国25万人以上の子どもたちと家族、それを支える多くの人々とのネットワークづくりを推進、彼らのQOL(クオリティオブライフ=いのちの輝き)を高めるさまざまな活動を進めています。

サマーキャンプ「がんばれ共和国」は、難病の子どもとそのご家族が、医療スタッフのバックアップのもとで行われている「難病ネットワーク」の大きな事業活動の一つです。「友だちつくろう」を合い言葉に、大自然に触れながら、遊ぶ楽しさ、歌う喜び、そして友だちとの触れ合いなど、普段の生活では体験できないようなことを子どもたちにさせてあげるという主旨のもと、医師や看護師、参加ご家族とボランティアスタッフが協力し合いながら運営されています。

160908_1_2

ナチュラリープラスが運営の協力をさせていただいた『がんばれ共和国 おいでんほうらい』は、愛知県新城市「愛知県民の森モリトピア愛知」で開催。そこに集まった難病の子どもとそのご家族は総勢28組。医療・介護スタッフ、ボランティアの方を含め総勢220名にものぼり、2泊3日のキャンプが元気にスタートしました。今年で20回目を迎えた本キャンプの開会式では、“20”と書かれた風船が会場に浮かび、楽しいセレモニー会場となりました。

サマーキャンプの一番のプログラムは「熱気球」による“空中散歩”です。毎年恒例のイベントで、多くの子どもたちが楽しみにしています。大空から鳳来地区に広がる深緑の山々を見下ろすという壮大で感動的な体験に子どもたちはもちろん、ご家族からも早起きした眠たさを忘れるほどの大きな歓声が上がりました。その他には小川での鮎のつかみ取りや、バーベキュー、キャンプファイヤー、お楽しみ会に加え、オリンピックイヤーにちなんで「がんばれおいでんピック」を開催するなど、充実したプログラムを用意。日常ではなかなか外出する機会のない子どもたちにとって、さまざまな体験と友だちづくりができた大変貴重な時間となりました。

今回参加した子どもたちの笑顔あふれる様子は、帯同した社員によって撮影、記念の写真として納め、参加されたご家族ごとに一冊一冊フォトブックとして贈られます。私たちは資金面のみならず、こうした子どもたちとご家族の思い出づくり、絆づくりにつながる人的支援もナチュラリープラスらしい社会貢献活動だと考えています。

参加されたご家族の声

  • 今回、子どもと宿泊することが初めてでした。このような機会を作っていただき、本当に感謝しています。
  • 気球、鮎つかみ取り、お化け屋敷、キャンプファイヤー、お楽しみ会など、普段の生活では味わえない感動がありました。子どものたくさんの笑顔が見られてとても感謝です。
  • 新しいことにチャレンジしたり、人として子どもも自分も成長できた楽しい3日間でした。
  • お父さん方、お母さん方の色々なお話を聞けて大変勉強になりました。ここでのつながりは、本当に大切だなと思っています。
  • 参加する前は不安があったのですが、ボランティア、スタッフの皆さんのおかげで素晴らしい時間を過ごせました。仲良くなれた皆さんとのお別れがつらいです。

ナチュラリープラスでは、会員の皆さまから寄せられた温かな「100円の思いやり」を、さまざまな環境で頑張っている子どもたちへの支援に有意義に活用させていただきながら、ナチュラリープラスらしい社会貢献活動を実践し、笑顔あふれる社会の実現を目指してまいります。

160908_1_3

【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
株式会社ナチュラリープラス ブランディング室
東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35階
Eメール: info@naturally-plus.co.jp