プレスリリース/ニュース

News

千里浜なぎさドライブウェイで第13回「おそうじキャラバン in 石川」を開催

161122_1_1

株式会社ナチュラリープラス(本社:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35階、代表取締役社長:名越 隆昭)は、2017年6月3日(土)「おそうじキャラバン in 石川」を石川県・千里浜なぎさドライブウェイで開催し、石川県を中心とした会員の皆さまとそのご家族、弊社社員を含む総勢127名の方にご参加いただきました。

「おそうじキャラバン」は、「地球に笑顔 ナチュラリープラス」をスローガンとしたナチュラリープラスのコミュニティ活動の一環で、会員の皆さまとナチュラリープラス社員が協力して取り組む清掃活動です。2008年から始まったこの活動は、今回の開催分を含め参加人数延べ3200名にのぼります。

170623_1_1

会場となった千里浜なぎさドライブウェイは、能登半島国定公園にある全長8kmにものぼる日本で唯一の車で走れる砂浜で、日本海に沈む夕日を望むことができる人気の絶景スポットです。また、海水浴場もあり、地元の方々の憩いの場として親しまれている場所です。
小雨交じりのお天気でしたが、今回は北陸地方で初開催ということもあり、石川県はもちろん他県からも幅広い世代の方々にお集まりいただき、元気におそうじがスタートしました。

海岸ということもあり、打ち上げられた空き缶やペットボトルなどに加え、海外から流れ着いたと思われるゴミが多くありました。参加された皆さまが一致団結し、約2時間で45Lのごみ袋、107袋のごみを集めました。

ごみを分別した後は、皆さんそうじをした清々しい笑顔で記念撮影をし、千里浜レストハウスに場所を移して千里浜名物“貝めし御膳”を楽しみ、13回目となる「おそうじキャラバン in 石川」は終了しました。
今後もナチュラリープラスは、「地球に笑顔 ナチュラリープラス」をスローガンに、笑顔あふれる社会の実現に取り組んでまいります。

【おそうじキャラバンに参加された方々のお声】
「見えているところだけでなく、砂浜にたくさんのごみが埋まっていてびっくりしました。」(50代男性)
「ごみがたくさんあってびっくりしましたが、みんなで協力し、砂浜がきれいになって気持ちよかったです。」(60代女性)
「お子さんも大勢参加して、とてもにぎやかでした。皆さんとワイワイガヤガヤしながらのごみ拾いは、日頃のお付き合いや生活とはまた違った一日で、浜辺とともに自分もリフレッシュすることができました。初めてお目にかかる方とのご縁も広がり、有意義な一日でした。またぜひ参加したいです。」(50代女性)