プレスリリース/ニュース

News

「World Convention Naturally Plus FESTA2021 You Economy ~次世代型ビジネスは既に始まっている~」 今年はリアルとオンラインで同時開催

FESTA2021

株式会社ナチュラリープラス(本社:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35階、代表取締役:名越 隆昭)は2021年10月10日(日)、神戸ポートピアホールで「World Convention Naturally Plus FESTA2021 You Economy〜次世代型ビジネスは既に始まっている~」を開催し、同時にオンラインでも配信いたしました。
新型コロナウイルスの影響により、昨年は完全オンラインで行った本イベントですが、今年は2年ぶりのリアル開催。感染対策のため規模は縮小しましたが、会場に来られない方もご覧いただけるようオンライン配信も行いました。会場での参加は856名、配信は日本を含む32の国と地域から16,754アクセスを記録し、優に2万人を超える皆さまにご視聴いただきました。

ナチュラリープラスグループ総裁 名越隆昭による開会宣言

FESTA2021

開会宣言冒頭は、ナチュラリープラスグループ総裁 兼 株式会社ナチュラリープラス 代表取締役 名越隆昭からの、フェスタ恒例となった各国語あいさつからスタート。そして初スピリット達成者171名、新サミット39名、新CFCが7名新たに誕生したことを報告しました。続いて、ビジネスや人生を成功や幸せへと導くために大切なのは自分の発する言葉であり、プラスな言葉を発し、成功や幸せな人生を掴み取ろうとメッセージを送ると、高らかに開会を宣言しました。


新CFCが7名など、今年も多くのリーダーが誕生

FESTA2021

リーダーとして多くの人を導き、サポートすることが求められるサミットメンバーは新たに39名、真のトップリーダーであり、夢や自由なライフスタイルを手にしたといえるCFCメンバーは新たに7名が誕生。新CFC7名のうち5名は海外、2名は日本国内から誕生しています。新CFCのスピーチでは、多くの困難を共に乗り越えてきたグループメンバーや、導いてくれた恩人など、大切な人とのつながりがあったことが印象的に語られました。
また、多くの新リーダーたちのスピーチからは、直近ではコロナ禍などの大きな問題にも立ち向かい、スマートフォン1台でビジネスができる環境や、会社、製品、周囲のサポートなど、さまざまな資源を生かして、目標を成し遂げたことが分かり、成功へのヒントを示してくれました。

ミドリムシ燃料の飛行機でフェスタに来場する日を

FESTA2021

ゲストスピーチとして、株式会社ユーグレナ 代表取締役社長 出雲充氏にご登壇いただきました。2005年、世界で初めてミドリムシの食用屋外大量培養に成功するなど、これまで数々の夢を叶えてきた出雲社長ですが、今年また一つ大きな夢を叶えたことをお話しいただきました。ユーグレナ社は、今年6月に世界で初めてミドリムシを原料としたジェット燃料によるフライトが実現し、会場では映像も交えてそのことが発表されました。しかし、出雲社長は「これがゴールではなく、ずっと応援してもらっている皆さまに当たり前に乗ってもらい、このフェスタにミドリムシの燃料で飛ぶ飛行機で来場してもらえる未来をつくりたい」と、次なる夢に向かっていることが語られました。

コロナ禍は「グレート・リセット」のチャンス

FESTA2021

UNIVA CAPITALグループ 会長兼グループCEO 稲葉秀二からは、世界経済フォーラムのダボス会議で予定されていたテーマ「グレート・リセット」について触れました。コロナ禍は社会の歪みをリセットし、仕組みを変えることができる大きなチャンスだというのが「グレート・リセット」。このような世界の潮流は、UNIVA CAPITALグループが掲げる「共創資本主義※」へと向かい、ナチュラリープラスビジネスを後押しするものだと、会員の皆さまへエールを送りました。

※グループが集い、協力し合うことで互恵的な関係を構築する『共生』ではなく、互いの力量を見せ合い、切磋することで、新しい価値を創り出すこと

サロン展開12カ国など、世界中でコロナ禍に負けない取り組み

続いて行われた、海外でサロン展開する12カ国の責任者や、日本の営業推進部・部長 大野による前期の振り返りでも、ロックダウン中の国などもある中、コロナ禍を逆手にとってナチュラリープラスビジネスが広がっていることが報告されました。また、日本では、前期から始まったIBOC(Independent Business Owners Council)が成果を上げたことにより、2年連続の増収を達成したことが発表され、全国のIBO(独立事業主)をサポートするコーディネーターの紹介も行われました。

あらゆる人のニーズに寄り添う柔軟な働き方”You Economy”

FESTA2021

株式会社ナチュラリープラス 取締役社長 兼 NPUSA CEO 田嶋隆志は、今回のフェスタのテーマでもある”You Economy”について、今後は日本でも複数の職業をもつことが当たり前の時代になる。そんな時代に時間と収入のバランスを大切にできる本当の豊かさを得るには、仕事に生活を合わせるのではなく、仕事を生活に合わせる”You Economy”の考え方が必要だと説明しました。また、そのために今期の新施策としてナチュラリープラスのアプリ「CONPUS(コンパス)」がスタートすることも発表。24時間サポートし、CONPUSを開くだけで全ての情報にアクセスできる、ナチュラリープラスライフを楽しむための羅針盤になる、という願いのこもった名称であることもお話ししました。
また、前期から始まったIBOCについては、約700名のIBOが誕生したことを発表。さらには、IBOが集うIBOCの開催により、ナチュラリープラスを成長させ、次の10年を共に創り上げるパートナーであるという意識の高まりにつながった、と成果報告しました。
最後に、このコロナ禍という変化の時代にあって、ナチュラリープラスビジネスは必要とされるビジネスであると述べ、今後も変化し進化することで新たな未来を共に創り上げて行きましょうと呼びかけ、参加者や視聴者へのお礼の言葉とともに締めくくりました。


FESTA2021

フェスタは本開催をもって19回目を迎えました。昨年、初の試みであった完全オンラインの開催から、今年はリアルとオンラインのハイブリッド開催。フェスタもナチュラリープラスビジネス同様、デジタルとアナログが融合したイベントとして進化を遂げました。また最後に、来年は10月1日に開催されることも発表され、来年への期待とともに今年のフェスタは閉幕しました。