プレスリリース/ニュース

News

「World Convention Naturally Plus FESTA2020 LEGACY -原点が創りだす未来-」 オンラインイベントを開催いたしました

201006_1_1

株式会社ナチュラリープラス(本社:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー35階、代表取締役:名越 隆昭)は2020年10月3日(土)13時~19時、初めての試みとしてオンラインによる「World Convention Naturally Plus FESTA2020 LEGACY -原点が創りだす未来-」を開催いたしました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、大型イベントの在り方が変容している現在、当社もこのような状況を踏まえて、毎年横浜アリーナで開催されていた本イベントの会場を本社のある六本木スタジオに移して開催。13時~19時という約6時間のオンラインイベントに、日本を含む32の国と地域から18,544アクセスを記録、優に2万人を超える皆さまにご視聴いただきました。

ナチュラリープラスグループ総裁 名越隆昭による開会宣言

201006_1_2

開会宣言冒頭は、ナチュラリープラスグループ総裁 兼 株式会社ナチュラリープラス代表取締役 名越隆昭からの、フェスタ恒例となった各国語あいさつからスタート。新規獲得と製品流通の両輪を回すことの大切さを説きました。さらに、コロナ禍においても前を向いてビジネスにまい進する会員の皆さまを労うとともに、高らかに開会を宣言しました。



続・カロテノイドのある未来

本イベントのメインとなるスペシャルプログラムでは、昨年のフェスタのタイトルであった「カロテノイドのある未来」の続編をテーマに進行。「スーパー・ルテイン ミルトプラス」を用いた二重盲検並行群間による臨床試験結果の発表や、「スーパー・ルテイン」ブランドの要であるFloraGLO®ルテインの供給会社であり、米国アイオワ州デモインに本社を置くケミン・インダストリー社による“オンライン本社見学ツアー”が行われました。

◎「スーパー・ルテイン ミルトプラス」を用いた臨床試験結果の報告
臨床試験の結果をもとに、名古屋大学名誉教授であり“攻めの栄養学”を提唱する大澤俊彦教授が講演。臨床試験では8-OHdGやPAOなどの酸化ストレスマーカーや、肌の健康と体内のカロテノイド量の相関性が示唆されており、まさに“カロテノイドのある未来”を確信する発表となりました。

時代が求めるナチュラリープラスをグループ全体で支援

201006_1_3

UNIVA CAPITALグループ 会長兼グループCEO 稲葉秀二は、多くの人が開業し、複数の仕事をもつことが当たり前となる「1億総開業者時代」「複業社会」が、コロナ危機により加速していく見通しを述べました。さらに、ナチュラリープラスはそのような時代に求められるビジネスであると語り、UNIVA CAPITALグループとしても、ナチュラリープラスが進めるデジタルプラットフォーム構想を全面的に支援することを表明しました。


ナチュラリープラスのビジョンを共有

201006_1_6

株式会社ナチュラリープラス取締役社長 兼 NPUSA CEO 田嶋隆志は、最後の挨拶で前会計年度の1年を総括。
スピリットメンバーが594名、サミットメンバーが35名、CFCメンバーが5名も誕生したことに触れ、特に、CFC達成者のうち3名が非常に若いメンバーであることから、エネルギーあふれる新リーダーの活躍に希望を抱くとともに、世界中からさらに多くの若いリーダーが登場する明るい未来に期待を寄せました。また台湾から1名、日本から1名の栄誉ある10ミリオネアが誕生したことに、心からの称賛を贈りました。
さらに、「ナチュラリープラスの“ビジョン”を共有することが、ビジネス成功への手がかりであり、最大限に成長できる秘訣である」と、2万人を超える視聴者に向けてナチュラリープラスのビジョンを共有しました。
次の10年に向かって、さらに大きくビジネスモデルを進化させるべく、これからも成長を続けることを誓い、ナチュラリープラスのビジョン映像を以て、6時間にわたるオンラインイベントを締めくくりました。

201006_1_4-3

フェスタは本開催をもって18回目を迎えました。初の試みであった6時間にわたる大型のオンラインイベントは、日本語、英語、中国語の3カ国語チャンネルを設けて進行。臨床試験発表や各種表彰プログラムの間に、世界各地に広がるパートナー企業から寄せられた映像も放映するなど、多くの国、多くの大切な皆さまとの“つながり”を共有する6時間となりました。