IZUMIO〈イズミオ〉 - 品質管理

IZUMIO

水素を含んだ「IZUMIO」の製造には、膜溶解法をはじめとする高度な技術が生かされています。

水素を溶かし込む「膜溶解法」

「IZUMIO」に採用しているのは、気体は通すけれど液体は通さない特殊な膜を使った技術。
膜を通して水分中の空気を除去し(脱気)、水素を水に溶かしこんで(注気)製造します。

高い水素溶存率を守る「アルミパウチ」と梱包方法

容器には、遮蔽性が高い4層構造のアルミパウチを採用。
容器を下向きにした梱包でキャップ部分からのわずかな水素放出も防ぎ、長期間、高い溶存率を維持できるよう工夫しています。

指定工場が「健康補助食品GMP」に適合。さらに「FSSC22000」を取得

おいしい空気ときれいな水に恵まれた栃木県の指定工場は、「健康補助食品GMP1」に適合し「FSSC220002」を取得した先進施設。
「IZUMIO」 は、クリーンな環境の下で製造されています。

※1 健康補助食品の製造管理および品質管理に関する基準です。この基準に従った作業と適切な品質チェックを実施することで、品質の良い製品を製造しています。(鹿沼工場・熊本工場)
※2 食品安全認証財団FFSCが開発した食品安全のための国際規格です。この厳格な規格に沿った製造・管理を行うことで、食品の高い安全性を確保しています。(鹿沼工場)

image-08
image-09
image-10
image-04
image-05
image-06
image-07